体重管理
体重管理

体重管理

体重管理の真実

わずか1オンス(約28g)のアーモンドが、体重を減らそうとしている方に、大きな効果をもたらします。ほのかなバターのような風味と歯応えの良さを持つアーモンドは効果的に空腹感を紛らわし、私たちがスナックに求める「満腹感」も与えてくれます。しかも、たったの160カロリーで(実際はもっと少ないかもしれません)、コレステロールはゼロです。

  • アーモンドには満腹感をもたらす食物繊維(4g)、「良い脂肪」である一価不飽和脂肪、タンパク質(6g)が含まれており、エネルギーと満足感が持続します。1
  • アーモンドは満腹感を与え、カロリーあたりの栄養が豊富なので、人気がある多くのダイエット計画に最適と考えられています。
  • 『American Journal of Clinical Nutrition』に発表された2012年の研究「Discrepancy between the Atwater factor predicted and empirically measured energy values of almonds in human diets」によると、1食分のアーモンド(約23粒)のカロリーは、栄養成分表に記載されている160カロリーより20%少なく、わずか129カロリーであることが分かりました。この研究ではアーモンドホールの消化率を考慮しています。この研究結果について、またこのカロリー計算方法がその他の食品のカロリー計算にどのように影響を与えるかについて、より深く理解するにはさらなる研究が必要です。*

間食として、または外出先でのスナックとして、料理の材料として最適なアーモンドは、体重を理想の数値に近づける鍵を握っているといえます。

 

 

1. 良い脂肪に関するうれしいニュース:「米国民向け食事ガイドライン」では、摂取する脂肪の大半を不飽和脂肪にすることが推奨されています。アーモンド1食分(28g)に含まれる脂肪は不飽和脂肪が13g、飽和脂肪はわずか1gです。

*研究:研究「Discrepancy between the Atwater factor predicted and empirically measured energy values of almonds in human diets」は、人の食事として摂取されるアーモンドのエネルギー値を測り、その測定エネルギー値をアトウォーター係数を使って計算した数値と比較するために実施されました。アトウォーター係数とは、食品に含まれるエネルギー量を決めるために一般に使われている方法です。アーモンドの測定エネルギー値を計算するために、18人の健康な成人に3種類の食事をそれぞれ18日間ずつ続けてもらいました。クロスオーバー比較試験とし、被験者に対して食事の一部として1日に摂取するアーモンドの量を0g、42g、84g とする3種類の食事療法を行いました。各食事療法期間の最後の9日間、被験者にすべての尿と便を採取してもらい、主要栄養素とエネルギー量を測定するために食事のサンプル、尿、便を解析しました。これにより、アーモンドの「測定」(代謝)エネルギー量を決定しました。

研究結果:食事の一部として摂取したアーモンドのエネルギー量は1食分28g(1オンス)あたり129キロカロリー(4.6 ± 0.8kcal/g)と測定されました。これはアトウォーター係数を使って計算したアーモンド1食分のエネルギー量168~170キロカロリー(6.0~6.1kcal/g)より大幅に少ないです。アトウォーター係数をアーモンドに適用して計算すると、測定エネルギー値よりも20%多くなりました。

要約:この研究は、アーモンドの代謝カロリーが今まで考えられていたよりも約20%少ないことを立証しています。アトウォーター係数をある食品に適用して計算すると、測定代謝エネルギー量が過大評価される可能性があります。従来の方法では、完全に吸収されない脂肪を考慮に入れないため、アーモンドのカロリーが高く算出されていました。脂肪が完全に吸収されない原因として、食物繊維の含有量および/またはアーモンドの細胞壁が固いことが考えられます。he fat that is not fully absorbed. This is thought to be due, in part, to the fiber content and/or the rigidity of almond cell walls.