心臓の健康*
心臓の健康*

心臓の健康*

心臓に良いアーモンド

アーモンドが心臓に良いというメリットがあることは、誰にとっても朗報です。なぜなら、心血管疾患は米国で性別を問わず死因のトップとなっているためです。

  • カリフォルニア・アーモンドは、コレステロールを含まず、1食分(1オンス)あたりに含まれる飽和脂肪はわずか1g、不飽和脂肪は13gです。
  • 米国食品医薬品局は、食事の一部としてアーモンドなどのナッツを1日あたり1.5オンス(43g)摂取することで飽和脂肪やコレステロール値が低下し、心臓病のリスクが低くなる可能性があることを示唆する科学的根拠(ただし立証はされていません)について言及しています。「米国民向け食事ガイドライン」では、摂取する脂肪の大半を不飽和脂肪にすることが推奨されています。アーモンド1食分(28gまたは約23粒)に含まれる脂肪は不飽和脂肪が13g、飽和脂肪はわずか1gです。
  • アーモンドホールは、アメリカ心臓協会®より、ハートチェックマークの表示を認可されており、食料品店で買い物する際に役立ちます。今日では誰でも、アーモンドが心臓に良い選択肢であることが一目で分かります。i

PEPについて

「ポートフォリオ食事プログラム(PEP)」は、コレステロール値を管理する上で役立つ食事法です。このプログラムでは、トロント大学の研究者チームが明らかにした画期的な研究結果に基づいた食事計画が立てられており、コレステロール値が高い方向けの選択肢の一つとなります。非常に興味深い内容で、PEPには1日あたり約1オンスのカリッとしたアーモンドが含まれています。

PEPの詳細およびPEPで使用されている食品についてはこちらをご覧ください。

 

 


i 塩味のものも含め、認証ナッツはすべて、ラベル表示された1食分あたりのナトリウムが140mg未満など、アメリカ心臓協会が定める栄養所要量を満たさなければなりません。ただし、明確な記述がない限り、「Heart-Check Food Certification」はハイパーリンク、レシピ、研究には適用されません。詳細は、アメリカ心臓協会の栄養ガイドラインheartcheck.orgをご覧ください。アメリカ心臓協会®およびハートチェックマークは、アメリカ心臓協会®の登録商標です。.