種類と品種
種類と品種

種類と品種

アーモンドの品種と分類

カリフォルニアの農園では24品種以上のアーモンドが栽培されており、購入者はどのアーモンドを使用するべきか、想像力を働かせる必要があるでしょう。品種ごとに特性が異なるため、それぞれの消費者ニーズにあった適切なアーモンドを選ぶには、各アーモンドの特性を理解することが重要です。

カリフォルニア・アーモンドの分類

カリフォルニア・アーモンドの品種は、マーケティング上、サイズや形などの特徴に基づいて大まかに5つに分類されています。カリフォルニアで生産されるアーモンドのほとんどが、ノンパレルタイプ、カリフォルニアタイプ、ミッションタイプの3つに分類されます。品種によっては複数の分類に該当するものもあります。例えばある特性からミッションタイプに分類されると同時に、皮がむきやすいという特性からカリフォルニアタイプとして分類される場合があります。

ノンパレル

最も多様なマーケットで利用されているノンパレルは、皮むきやカットがしやすい品種です。殻が薄く、実の表面はなめらかで、加工の際にも割れることがありません。そのため、アーモンドの美しい形やアーモンドの存在を強調する際に最適です。

カリフォルニアタイプ

カリフォルニアタイプは皮がむきやすいものが多く、主に加工製品に使われます。殻の硬さ、形、皮の色、表面の特徴などはさまざまで、ほぼすべての加工や用途に適しています 。

ミッションタイプ

殻が硬く、幅広の小粒で、たいてい肉厚です。皮はノンパレルより色が濃く、シワが多いので、塩などの味付けに適しています。普通は皮付きで使いますが、皮むきが可能なタイプもあります。

カリフォルニア・アーモンドの主な品種

食品関係の専門家は、大まかな分類や特定の品種に基づいて、カリフォルニア・アーモンドを注文できます。注文する際は、指定したアーモンドが確実に届くように、特定の品種または分類のどちらを好むかを明確にしてください。例えば、「ミッション(品種)」と特定せずに「ミッション」と注文した場合、ビュートやパドレ、フリッツなど、同時にミッションタイプにも該当する品種が届く可能性があります。

こちらで条件を絞ってアーモンドのサプライヤーを検索できます。