食品の品質と安全性
食品の品質と安全性

食品の品質と安全性

安全を期した食品

アーモンドはカリフォルニアの輸出農産物で、トップの座を保持しています。栄養豊富で健康に良く、さらに安全な製品を提供するために全力を尽くすことは、アーモンド業界にとって今まで以上に重要になってきています。カリフォルニア・アーモンド協会が、アーモンドの生産者および消費者の懸念に向けた取り組みに100%に尽力しているのはそのためです。

研究およびプログラムへの多額の出資は、農園だけでなく加工や流通の段階でも、品質、一貫性、安全性を最大限に高める上で役立っています。さらに、生産者が害虫、かんがい、栄養管理、エネルギー効率、大気質において厳格な自己査定を実施するなど、将来に目を向けて取り組んでいます。

カリフォルニア・アーモンド協会の食品安全性プログラム

  • 「カリフォルニア・アーモンド・サステナビリティ・プログラム(CASP)」は、業界の持続可能な作業方法を監視し、改善や教育が必要な地域を特定することを目的にしています。
  • 「食品の品質と安全性のためのプログラム(FASP)」は、アーモンドを安全かつ責任のある方法で生産するための努力を強化し、世界中の消費者から最大級の信頼を得られる製品を提供するためのものです。
  • 「低温殺菌プログラム」は、生産者や取扱業者から、加工、パッケージング、販売までの全体にわたり、安全性に取り組むものです。このプログラムによって、アーモンドはすべて低温殺菌されてから、北米の消費者に販売されます。