Menu Trends
メニューのトレンド

メニューのトレンド

あらゆるメニューに登場するアーモンド

アーモンドは、あらゆるメニューに使用できるその用途の広さで、ファストカジュアルから高級レストランまで、シェフや食品関係のプロに支持されている食材です。

Brado Creative社のAndy Ford氏が紹介した「Generational Dining Trends」で、2017年の食事の傾向と消費者の年齢層の関係に関するデータご覧ください。

 

Chickpea crepe with Mughal shiitake & oyster mushroom curry, garbanzo bean salad, horseradish tofu sauce and toasted almonds (Higgins, Portland, OR)

Higgins(オレゴン州ポートランド): 食感と色が混ざり合ったカラフルな一品。ひよこ豆粉で作ったクレープにベジタリアンカレーをのせ、トーステッドアーモンドを散らせています。セイヨウワサビと豆腐で作った独自のソースでバランスを取っています。 

L’Escale(コネティカット州グリニッチ):細かく砕いたアーモンドのヌガティーヌとスパイスをコーティングした小さなモツァレラチーズボールと焼きリンゴが見事にマッチした、ぜいたくな前菜です。 

Burrata filled with Almond Pesto (The Grocery, Charleston, SC)

The Grocery(サウスカロライナ州チャールストン): 皮むきアーモンドとブレンドチーズのペストを詰めたクリーミーなブッラータに、焦げ目を付けて焼いたブロッコリーが色と風味を添えている一品。鮮やかなオリーブビネグレットソースがかかっています。

  • • The Macintosh(サウスカロライナ州チャールストン): 中心に盛り付けたゴールデンビーツと油で揚げた水菜を、表面を焼いたホタテ貝で囲み、カリッとした歯応えのあるサルサ・カルソッツをかけます。ロメスコソースのようなサルサ・カルソッツには新鮮なニンニクとチリが加わり、バターベースのアーモンドピューレでバランスを取っています。 

Caviar & Bananas(サウスカロライナ州チャールストン): 中東のフレーバーと食感がシンプルに混ざり合ったクスクスは、オニオンとミントのシャープな香りにあふれています。トーステッドアーモンドと干しイチジクのクリーミーなフレーバーとのバランスも絶妙です。 

Cooks County(カリフォルニア州ロサンゼルス): ロサンゼルスの「ベスト・ニュー・レストラン」賞を獲得したオーナーシェフDaniel Mattern氏は、意外性のある材料を組み合わせて面白い料理を生み出す才能の持ち主です。薪グリルで焼いた豚肩肉にのせた桃の酢漬けとアーモンドのサルサは、彼ならではのアイデアの一例です。

Stir Fried Chicken with Toasted Almonds and Raisins (The Slanted Door, San Francisco, CA)

Slanted Door(カリフォルニア州サンフランシスコ): Charles Phan氏が作る炒め物は、素焼きのアーモンドホールとトーストテッドアーモンドが、チキンやさまざまなハーブ、スパイスと共に彩りを添えます。ご飯の上に盛られ、コリアンダーが添えられています。

Steamed Almond Cake with Plum Granite  (The Slanted Door, San Francisco, CA)

Slanted Door(カリフォルニア州サンフランシスコ):蒸したアーモンドケーキにはアーモンドミルクとトーステッドアーモンドが使われており、まさにアーモンドの形状に見られる幅広い用途を感じられる一品です。ケーキの横には、フローズンプラムグラニテと、塩と砂糖で味付けされたトーステッドアーモンドクリームも添えられています。

Brooklyn Farmacy(ニューヨーク市ブルックリン): オーナーのPeter Freeman氏とGia Giasullo氏は自家製のアーモンドバターを作り、「ハッピー・エバー・アフター」という焼き立てのバタークッキーサンドイッチの具として使っています。

Alluim at the Four Seasons(イリノイ州シカゴ): 総料理長のKevin Hickey氏はアーモンドとアプリコットを組み合わせて、自作のアーモンド・アプリコット・アイスクリームとナッツ風味のバランスの良い最高のスイーツを考案しました。

The Spence(ジョージア州アトランタ): パティシエのAndrea Litvin氏は、彼女のデザート「アーモンドインザサン」を作るために、まず刻みアーモンドを冷凍します。その後チョコレートと一緒に焼いてチョコレート・アーモンド・クリスプを作り、ハニー・アーモンド・ブリットルと一緒にモルテン・チョコレートケーキの上にのせます。

FigOly(カリフォルニア州ロサンゼルス): ケールとローストしたカリフラワーを添えた地中海シーバスのローストに、アーモンド・グレモラータとアーモンド・ロメスコが独特の食感とコクを加えます。

La Vara(ニューヨーク市ブルックリン):シェフのAlex Raij氏はアーモンドを松の実と一緒にすりつぶし、ホワイトガスパチョを作ります。メイン州で採れる甘エビとイカのリボンを上に飾ります。

Bar Ferdinand(ペンシルベニア州フィラデルフィア):総料理長のDavid Ansill氏はアーモンドをドレッシングとして、トリュフ・アーモンド・ビネグレットソースとエンドウ豆のピューレを添えたホタテ貝料理に使っています。