風味と食感
風味と食感

風味と食感

インスピレーションを与えるカリッとした歯応え

 

アーモンドは、消費者が求めているナチュラルで独特な風味にあふれており、食品関係のプロたちにインスピレーションを与える魅力的な材料です。そしてもちろん、アーモンド最大の特徴的といえば、アーモンドのカリッとした歯応えです。

アーモンドは、その形状や用途を問わず、食べ物の食感を高め、おいしくする、非常に優れた食材です。アーモンドのようなカリッとした歯応えは他の食材では得られませんし、ほのかなバターのような風味は、どんな料理や味にもよく合います。

アーモンドは料理に独特な歯応えを加え、どのように使っても料理の食感を良くします。Datassential社によると、調査に協力した消費者の70%が、料理に含まれるさまざまな食感に気付いた、または識別できたと回答しています。1  さらに、61%の消費者が、製品やメニューにとって食感は風味と同様に重要であると考えており、食感が料理や製品を面白いものにすると思っている人は62%いました。1

  • 食品関係のプロは、アーモンドの風味(70%)、食感(61%)、用途の広さ(57%)といった理由により、アーモンドを一番好きなナッツとして挙げています2
  • Datassential社があらゆるタイプのレストランの経営者を対象に実施した調査によると、ファストカジュアルと高級レストランでは、アーモンドを料理に加える理由として、特に「魅力的なカリッとした食感」を挙げています。3
  • 北米で消費者を対象に行った調査では、88%の回答者がアーモンドは非常においしいと評価、さらに80%の回答者がアーモンドの栄養価が高いと評価しています。4

 

 

 
 
1. Datassential Consumer Texture Study、2013年
2. CPG AAU Study、Sterling-Rice Group、2015年
3. Datassential November Omnibus Study、2013年
4. Consumer AAU Study、Sterling-Rice Group、2015年