グルテンフリー

グルテンフリー

「アーモンドはグルテンフリーか」と聞かれたら、答えは「はい」です。そして、アーモンドの特徴は、グルテンフリーであっても風味があることです。

グルテンフリー

グルテンフリー

グルテンフリーのメリット

アーモンドは非常に用途が広く、どんな場面でも気軽に楽しく食べられます。また、グルテンフリーであるため、セリアック(小児脂肪便)病やグルテン過敏症の方にとって欠かせない食品であることが知られています。

グルテンフリーの食品とアーモンドを一緒に食べる10のコツ

  1. 朝の1杯のコーヒーまたはお気に入りのグルテンフリーのシリアルにアーモンドミルクを少量加えましょう。クリーミーな味わいが得られます。
  2. 小麦粉の代わりにアーモンドフラワーを使うと、焼き菓子がいっそうおいしくなります。
  3. 皮付きのアーモンドホールは、グルテンフリーパーティでも喜ばれるパーティスナックになります。
  4. アーモンドのスライスまたはスリバードをサイドディッシュに散りばめれば、カリッとした歯応えが加わります。フレーバーアーモンドなら、スパイスを効かせたり、甘みを加えたりできます。
  5. 魚や鶏肉の衣として、パン粉の代わりにアーモンドフラワーもしくは、細かく砕いたアーモンドを使ってみましょう。
  6. いつでもどこでも、手のひら一杯のアーモンドをスナックにします。グルテンフリーなので心配いらずです。
  7. スナックには、普通のクラッカーをやめて、自家製または市販のアーモンドクラッカーにしましょう。チーズプラッターにもぴったりです。
  8. アーモンドバターをスムージーに入れてとろみを付けたり、ランチ用にグルテンフリーのパンにたっぷり塗ることもできます。
  9. サラダには、クルトンの代わりにアーモンドを使いましょう。アーモンドの歯ごたえでより満足感が得られます。
  10. チョコレートのデザートにアーモンドを混ぜ合わせると、グルテンを使わなくてもカリッとした歯応えがプラスされます。さらに、アーモンドとダークチョコレートは抗酸化物質の理想的な組み合わせです。

風味豊かなグルテンフリーのレシピ

「グルテンフリー・アーモンドフラワーのクックブック(The Gluten Free Almond Flour Cookbook)」の著者であるElana Amsterdam氏とシェフのJohn Csukor氏の協力を得て、グルテンフリーの皆様のために特別なレシピを開発しました。また、カリフォルニア・アーモンド協会のレシピセンターには、100を超えるレシピを掲載しています。

アーモンドフラワーを使ったグルテンフリー

アーモンドフラワーは、グルテンフリーのベーキングに最適で、お気に入りのレシピにさらなる栄養と風味を加えてくれます。ぜひ、オーブン料理から試してみてください。

アーモンドフラワーを必需品としてストックしておきましょう。グルテンフリーの製品を販売している店舗なら、どこででも手に入ります。見つけられなかったら、冷蔵品か冷凍品のコーナーを探してみてください。または、アーモンドホールをフードプロセッサーに入れて自分で作ることもできます。

アーモンドフラワーの基本データ

  • グルテンフリーフラワーの多くが数種類の材料でできていますが、アーモンドフラワーの材料は1つのみ(それはもちろんアーモンド)で、ほのかに甘く、バターのような味わいがあり、甘いレシピにも塩味のあるレシピにも適しています。
  • アーモンドフラワーはザラつきやパサつきがなく、舌触りがなめらかで、ベーキングにはぴったりです。一方、アーモンドミールは皮付きのアーモンドをすりつぶして作るため、やや粗い食感です。アーモンドフラワーはほとんどのベーキング用レシピで使えるので、ストックを切らさないようにしましょう。
  • ベーキングにアーモンドフラワーを1カップ使うと、タンパク質(23g)、食物繊維(12g)、抗酸化物質とカルシウム(235mg)を補えます。栄養に関する詳細はこちらをご覧ください。