History of Almonds

カリッとしたアーモンドが誕生するまで

はるか昔までさかのぼり、アーモンドの長い歴史を簡単に紹介します。長い歴史を経て、アーモンドは今やおなじみの存在となっています。

紀元前1400年

旧約聖書には、アロンの杖が花を咲かせてアーモンドを実らせたと書かれています。想像してみてください。

The Bible

西暦100年

結婚祝いとして、子宝に恵まれるようにと、ローマ人は新婚カップルにアーモンドを浴びせていました。

The Bible

600年~900年

アーモンドの木は、スペイン、モロッコ、ギリシャ、イスラエルなどの地域で増殖し、収穫されたアーモンドは、シルクロードを通って中国まで旅した探検家たちの食糧となりました。

The Bible

1700年代

フランシスコ修道会の神父たちがアーモンドの木をスペインからカリフォルニアへ持ってきました。しかし、湿った冷涼な気候のため、植林が成功したのは翌世紀でした。

The Bible

1900年代

20世紀を迎えるまでには、カリフォルニアのアーモンド産業はしっかりと確立し、異種交配により今日に一般的な歯応えのある品種がいくつか開発されました。

The Bible

2000年代

過去30年間で、カリフォルニアのアーモンド生産量は4倍に増え、サン・ホアキン、フレズノ、サクラメントの谷に広がる青々した農園の面積は50万エーカーを超えます。

The Bible

現在

アーモンドはカリフォルニアの輸出農産物のトップで、ドル換算額および農園の広さでナッツの中で最大です。また、特殊輸出農作物として米国最大とランク付けされています。

The Bible